読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フロントフォークのオーバーホール

Bandit 250V

2年半前にG-TRIBEの戸田さんにオーバーホール + インナーチューブ交換をしてもらって快調だったフロントフォークですが、徐々にオイル漏れの量が増えて来ました。

 

フォークオイルを少し固めのAsh製にしたいなぁとか思っていましたが、オイルを抜くにもインパクトドライバーが必要だったり、フォークを組むには特殊な工具が必要だったりするので素人では手がつけられずずっと先送りにしていました。

 

今回は、前にホイールベアリングの交換をお願いした近くのSBSさんにオーバーホールをお願いしました。バネがBandit 400用に変わっていたり、CB400SFのイニシャルアジャスターがついていたり、カラーを短くしたりしているものですが、快く引き受けていただきました。

しかも、「フロントを少し硬くしたいので、硬めのオイルにできませんか?」などと相談すると、

「硬さはほとんどバネで決まるので、オイルはあんまり変わらないですよ」とのこと。

「バネは硬めに変えているので、純正オイルでも硬いやつとかありませんか?」と食い下がると、

「じゃあ、一段階硬めの純正フォークオイルにします」って。柔軟なご対応に感謝します。

 

1週間後の週末に受け取りに行くと、「硬くなりましたよ」と笑顔で引き渡してくれました。

確かに止まっている状態でフロントフォークの伸縮させると少し硬くなったかなぁという感じです。でも帰り道に乗ってもほとんど違いが分かりません。

 

ふと見ると、イニシャルアジャスターが全抜きになっているではありませんか!

家に帰ってから、フォーク長を測りながらアジャスターを締めて行きました。2回転くらい締めましたねぇ。前は締めると明らかにフォーク長が伸びていたのに、今回はほとんど変わりません。

オイルだけでこんなに変わるものなのでしょうかねぇ。

まあ、前と変わらないフォーク長なら姿勢変化も少なく、危ないことはないだろうと、注意しながら試走に出ました。

「硬い! 」 ・・・というか動きの悪いダメなサスみたいになりました。ブレーキをかけるときちんとストロークしていますが、ギャップでは跳ねるしサスが動いていないような感じがします。

 

日を改めて乗ってもフロントサスの動きが悪いように感じたので、アジャスターを全抜きに戻しました。すると、小さなギャップはフロントサスがいなしてくれるし、元のいい感じに戻りました。硬い方が好みとはいえ、細かく動いてくれないとダメのサスのようです。サーキットなら違うのでしょうが、サーキットは走らんし。

来年暖かくなったら、少し締めて調整しましょっか。

 

それにしてもフロントサスは微妙ですねー

広告を非表示にする